*奇跡のような一時を過ごしていた。すべては偶然の連続だった。誰が卒業式前の卒業旅行中に旅先で就職する機会に恵まれるであろうか。キャサリン・フィ ンドレイ、僕の大好きな建築家だった。旅先で彼女の名前を耳にすること自体、興奮すること。それは、僕にとっては奇跡だったのだ。

 *そこには無数の夢のようなプロジェクトが、今この瞬間に湧き起ころうとしていた。未だ、誰も見たことのないようなものがあったのだ。そしてそれ以上 に、キャサリンという人柄に惹かれた。この事務所で働かせてくださいと言うのに、それ以外の理由はなかった。もちろん海外で、ロンドンで、働きたいなど一 度も思ったこともなかったのだから。ただその時、彼女のもとで働いてみたいと思ったのだ。

 *事務所の人たちは素敵な人ばかりだった。最初は何一つしゃ べれない。プリント一つしてもらうにも、何を何と言っていいのやら。そんな状態で飛び込んだ自分を思うと、とんでもないことをしたのかもしれない。いや、 それよりもイギリスという国の、この事務所の懐の深さに感謝しなければいけないだろう。皆、いつも温かく接してくれた。むろん英語のスピードは決して衰え ることはなかったのだが。。

 *中東でのビッグプロジェクト。事務所の真ん中に転がってい る1/50の模型は、見慣れすぎていて、今では誰も反応もしなくなっている。しかし、この一つの建築が世に示す力の大きさというモノは、計り知れないと、 僕は今でも信じている。毎日オフィスへ来てこの模型を見ては、この建築が地に降り立つ日の情景を思い浮かべていた。他の未だ見ぬ夢の建築も、同じような気 持ちで見ていた。新しい歴史の扉を開こうとしている。まさに今その瞬間に僕らは立ち合っているのだ。そういう気持が根底からこの事務所を突き動かしている のだと、感じずにはいられなかった。

 *間もなく、BBCのコンペティションに関わる。担当は模型 であったが、今まで経験したことのある模型ヅクリとは違っていた。ボスは僕を一人のプロジェクトメンバーとして扱ってくれたのだ。各専門家とのミーティン グにも参加させていただいた。特にオブアラップのセシルバルモンドとのやり取りは、毎回楽しみとなっていた。明日は彼が来る!と、そういう意気込みで頑 張っていたのを覚えている。彼が加わるミーティングは、エキサイティングそのものだった。なぜならそれは、単なる建築屋と構造屋の話し合いではなく、建築 家同士のぶつかり合いだったのだから。

 *オーガニック、サスティナブル、エンヴァイロメント...  ウシダ・フィンドレイの建築を簡単に表すキーワードはいくつかあげられる。ウシダ・フィンドレイ初期に日本で建てられた一連の住宅群のように、もちろん 可視化される有機的なカタチは、大きな要素でもある。しかし、このような建築が、一体どのような流れの中で構築されているのだろうか。そんな単純な興味 が、僕の心の中に大きく潜んでいたことは確かだ。時に"好き"は未だ見ぬ部分への探求心も含んでいる。

 *だから、何より時間... それは、事務所にいる時は毎 日、キャサリンが話しかけてくれることだったのかもしれない。ボスと毎日会話が出来ると言う以上に嬉しいことはない。ほんの一瞬でも、彼女の口から発せら れる一言一言、描かれる絵、動き...すべてが、いつどの瞬間も刺激的だった。もちろんそれらが、理路整然としているわけではない。それでもある時から、 蜘蛛の巣のように繋がっていったものだ。あぁ、なるほど... と。

 *そんな彼女のもと、この場で巻き起こっている全ての事件は、ニホンという状況から飛び込んできた僕を、リセットするには十分だった。それほどにキャサリンの一挙手一刀足には、今でも驚きと新しい可能性を、最後にちょっとしたHappyまで与えてくれる。

 *いつでもこういった行動にはパワーが費やされる。このほ ど、事務所を辞めさせていただくことを決意した。キャサリン他、事務所の方々の理解を経て、先日事務所を去った。事務所を去る直前に、スタッフの皆が予想 外のタイミングでパーティーを開催してくださったり... キャサリンは左のような素敵な手紙まで僕に送ってくださった。graftonというプロジェク トがある。東京からロンドンへ拠点を移したUshida Findlay Architects (UK)の創生期に勝ち取ったコンペ作品だ。この図面に皆のメッセージが残された一枚の紙は、一生の宝物だ。

 *ここで過ごした時間は、単なる時間で捉えることは不可能だろう。"環境は、変化を促しますね。時間の肌理をずいぶんと感じていることでしょう。"美術家の中村政人さんは、そうメッセージをくださった。まるで心見透かされているようでビックリした。

 *もちろんこういう決意の理由など単純なものではない。ただ、ロンドンへ来てから、ずっと"日本"あるいは、"東京"ということを常に考え続けていた。不思議なものだ。今まで見えなかったものが、怒濤のように目に映ってくるのだから。ロンドンで、Ushida Findlay Architectsで、キャサリン・フィンドレイのもとで、新たなスイッチを入れられて、さらに前に進むのみである。

 *きっと今年の初めから、ある中東の現場が始まっていることだろう。スペインのホテルも順調に現場が進んでいる。数年後、いくつかの"未だ見ぬ"建築が建ち上がる。その時はまた、実物に触れてみたい。新たなステージへ向かうUshidafindlay Architects (UK)、そしてボス:キャサリン・フィンドレイへ。

 奇跡の、夢の一時を有り難う。

 *Thank you for
 Ushidafindlay Architects (UK)

 [キャサリン、ロジャー、ロザリン、カズミ、ニキ、ピーター、ケイト、ケリー、マイク、トースティン、ジャスティン、マット、バゲット、イネス、ルー、ボリス、ポール、クリスティーン、カースティン、アネマリ、ミロク、ジョージ、ダニエル、ミサ(順不同)]

 

2004.01.03
おおにし まさき

 
comments(0)trackbacks(0)
 >今日のマサキ from LONDON

 *緑さん、車で送って下さって、ありがとうございました。そして、パーティーで出会った皆さん楽しい一時をありがとう。

 *ブッシュがコチラへ来ているのはご存じの通り、連日デモが行われているロンドン。今朝も爆弾が破裂した背景に"BUSH"と書かれたプラカード持つ数名とすれ違う。

 昼食中、パブのテレビに映る映像に思わず、釘付け。明らかにテロが起こった直後の緊迫した雰囲気が伝わってきた。近づいてみると英国系列の銀行だという。HSBC。こちらでは、馴染みの深すぎる銀行だ。

 事務所帰り。完全にロンドンの交通は機能していない。ロンドン中心部で大々的なデモが行われていると予想された。皆、車もバスも大渋滞状態で、路上と地下鉄に人が溢れる。

 テレビを見る。27人死亡。日本にいるよりも、確実にテロが近づいている。この感覚が変にリアルだ。結果的にテロのあとに行われたデモパレード。ブッシュがロンドンを離れても、この勢いはきっと止まらないだろう。

 *ビデオアートの創始者、白南準(ナムジュン・ パイク)の美術館国際コンペにおいて、日本では

ナム・ジュン・パイク美術館コンペ1等は独のSchemel氏

 韓国のキョンギ文化財団は、メディアアーティストのナム・ジュン・パイク(白南準)氏のための美術館のための国際公開コンペの結果を発表した。1等は、ドイツのKirsten Schemel氏。日本人は、岡部憲明氏が3等に入賞、セミファイナルの審査までは、手塚由比氏も残っていた模様だ。

 1等になったKirsten Schemel氏には、賞金2万ドルが与えられ、ナム・ジュン・パイク氏とともに案を詰めた後、任意の韓国の建築家を指名して共同で実施設計に当たる。


 と、報道されているが、実は同じくセミファイナルまで残っている"tiar studio :: architecture + design"(Italia)(3人組?)には、こちらで活躍されている日本人建築家、タロウさんが含まれていた。この話、本日のパーティーにて噂を耳し、目が点に。。直後現れたタロウさんをとっつかまえて話し込む。3等の岡部さんと手塚さんの間にこの人がいたんだ。いやはや、快挙。というわけで、日本のメディアは誰も気づいていないので、ここに記しておきました。因みに審査委員長は磯崎新。

 *渡辺寛さん、マサカツさん、タクロウさん、タロウさん、マサキさん、チバさんetc...続々と皆さん集まる。

 *絶好の機会だったので、"美術家とは何ですか"という唐突な質問を渡辺さん&マサカツさん相手に、してしまう。それは、僕の心の中では、"美術家は何を拠り所に生きているのか?"という問いでもあった。

 マサカツさんがわかりやすい話をしてくれた。ムッチャ昔のある人間が、ある日、あるモノを作った。例えば、それは土の固まりだとしようか。それは、何の機能もなく、何のデザインも無い。だから、作った理由もない。じゃあ、作ったそいつには、何があったか。それはおそらく、ただ"作りたい"という創造に対する純粋なまでの想いだけであっただろう、と。きっとそれが美術家の根本にあるのだよ、と僕に伝えたかったのだろう。

 うなずきながらも以外とショックだった。"○○のために"とか"○○だから"という部分が完全に皆無。例えば、これを一つの社会性と呼ぶのであれば、こいつの有無は大きな境界となる。建築と美術。建築は、その社会性を根本に持っている。

 上の考え方で言うと、"社会性がない"ことは簡単に言うと"無意味"。意味が無い。しかし、その意味はないが、そいつと向き合うことで、自分自身に意味を見い出しているのが美術家か。いや。そうなんだろう。ずーっと、根幹の部分では、きっとそうなんだ。

 そう、納得した時に、バッと、顔を上げたら、周りは、皆、コチラで美術家として生きている猛者たちなんだ。何だか知らないけど、少し鳥肌が立つ。

 もちろん。じゃあ、実際の美術家というものが社会と何の関係性も持たずに存在しているのかというと、そうではない。創られたモノは展示され、鑑賞や体験、批評にさらされるわけだから、そこで繋がり(=社会性)が派生していくんだろうな。けど、もしかしたらその時生まれる社会性ってものは、すごく結果論的な部分が大きいのはないか。なんて直感で思ってみたりもする。

 つまりは、だ。今回、両氏にお話を聞いた限りでは、美術家というものは、(勿論そうでない人もいるだろうけど)基本的に上に書いたような未来に派生するであろう社会性とは程遠いところで、最初の例に出てきた"創りたい"という想いのみを根本に生きているということだ。

 だから、美術家が、今生きているという事実に感動した。だから、鳥肌立ったんだな。


 *しかし、ここで次なる疑問が巻き起こる。教育への疑問。美術はいかにして教育されるべきなのか。それを純粋に解きほぐそうとした取り組みが、美術家:中村政人さんの継続的なインタビューなんだろう。この試みは今もなお続いている。あと一つの疑問は、美術は如何に評価、批評されるものなのかと。

 *一方、話は建築の方にも降りかかってきて、とある心理学者の話から、最後は、ガウディの話まで。ガウディのあの圧倒的な存在感。やはり"建築"という枠では語りれない。

 今まで書いてきた、美術家たる要素は、きっと建築家にも必要な条件なのかもしれない(必要十分ではない)と確信にものを思ったところで、スペインへの憧れが強まるばかりの今日この頃。

 最近のロンドンは雨模様です。ちょっと梅雨を思い出します。
comments(0)trackbacks(0)
 今日のマサキ from LONDON

 *BBCコンペティション仕切直し。提出日直前につき、ひさしぶりに徹夜での作業。月曜日にプレゼンテーション。前回は審査員にはBBC関係者はもちろん、建築関係では建築家のデビット・チッパー・フィールドも含まれたが、今回は主に施工費が重点的となるため、審査員も異なる模様。

 BBCのプロジェクトにおいては、模型を。どうもボスは模型に関して日本人の力量を相当にかっている部分がある。今回は、他のプロジェクトとのかけもちということもあって、途中のスキームを深くまでは見られなかったが、プロジェクトリーダーのバゲットとのGOODコミュニケーションにより、皆が予想していたモノ以上のものができた。

 朝、事務所へ来たボスが模型を見るなり「ファンタスティック、アメージング」と連呼しながら、最後には自らカメラを持って屋上で模型撮影。その姿を見て、ほっと一息。

 いやはや。内容については今の段階で言うことは出来ないが、あいかわらずスゴイ建築です。そして、誰よりもHAPPYな建築。プレゼンテーションは月曜日、他3組の建築家と同時に行われます。(噂ではMVRDVは前回の事を踏まえて、ドロップアウトしたそう。)

 明日は天ぷらパーティーを開催。しかし、その前に、頭は元気でも、まぶたが閉じ....zzzz......
comments(0)trackbacks(0)
 今日のマサキ from LONDON

 *フランスの建築家、ドミニク・ペローのところで働かれている松田達さんの日記に、ロンドン旅行記がUPされていて、ロンドンを"・街の大きさが圧倒的に大きい。その点では東京に似ているのだと思う。東京>ロンドン>パリ。"と書かれているのに驚いた。

 なぜならロンドンで生活している僕は、パリへ行った時に、逆にその街の大きさに驚いたからだ。まず、高速地下鉄という存在と、駅同士の距離の長さ。もちろん、シャンゼリゼの印象は大で、計画された街に圧倒されていたのかもしれない。ロンドンはどちらかというと、"作られた"と言うよりは、"できてしまった"街のように感じます。

 そういうわけで、僕の頭の中ではずーっと"東京>パリ>ロンドン"だったのです。けど、これはあくまでも感覚としての都市や街の大きさであって、実際のデータによるものではありませんからね。意識の中の大きさと、実際の大きさとの差。オモシロイものです。

参考までに。
http://www.mid-tokyo.com/12/aboutthis.html
http://www.mid-tokyo.com/

 しかし、実際のところも常日頃から気になっていたところ。今度、地図屋へ行ってきます。ロンドンに素敵な地図屋があるんです。
comments(0)trackbacks(0)
 今日の"Hana"モトコ from Tokyo

 昨日foo様が玉川沿いで開催された"芋煮会"にてゲンコツ大の里芋を自然の中で堪能したHana。その味はもちろん、久しぶりにお逢いできたfooの皆さんにも感謝感激である。

 中村政人さんとお電話で、湯島もみじ一周年企画について、オープンハウスのようなものを開催するか!?ってなことをお話する。近いうちに一度、足を運ぶことに。

 本日は、渋谷にてC+Aに勤めるウメと会ってきたのだ。。昨年の二月頃は毎日顔を合わせていたのにねー。半年ぶりの再会である。いやー女子ふたり、心おきなく楽しい時間を過ごせました。いい友達持った!またデートするの楽しみです。

 今日のマサキ from LONDON

 雨はまだいい。時に、今日は家にいようと踏ん切りがつくから。曇りが一番やっかいだ。特に週末の曇りは最悪だ。外に出たいのに、さしせまらないと動くのもウンザリ。。

 しかし、こんな時は皆同じ気持ちだ。と、Yasuko嬢から電話が入る。夜に友人と会うから一緒にどうだ、と。早速、スーパーマンのような早さで、中華街へ繰り出し、食材ゲット&夕食を腹にたんまりと。近くのパブへ。途中、日本の倉持君からYasuko嬢宛に電話があったり、待つこと数分。Andrew Yekさんの登場。

 大学の後、ロジャースのもとで働き、今はバートレットという学校で再び建築を勉強する23才。初対面にもかかわらず、かなり打ち解けてしまい。そのまま僕の家へ。エンドレスに話し続けること4、5時間^^;この続きは、また近いうちに>Andrew

※因みにバートレットで教鞭をとるピーター・クックは、Directorとして全体を統括しているそう。またピーターの個展も数年後日本で開催だとか。。
comments(0)trackbacks(0)
 今日の"Hana"モトコ from Tokyo

 
 今日は、中村政人さん個展の説明会@SCAI THE BATHHOUSE。会場で久しぶりに佐藤慎也さんに会う。

 速報!!10月17日は湯島もみじの一周年記念日。オープンハウスとか何かやるかもしれません。通常もパブリックな存在ですが、さらにパブリックに。皆さんこの機会に是非!?湯島もみじの新規メンバーも探さなくちゃならんし。とかいろいろ思いはめぐるが、引き続きハナは謎の存在です。
comments(0)trackbacks(0)
 今日の"Hana"モトコ from Tokyo



 *昨日は湯島もみじへ行く。近くの焼き肉屋で大歓迎を受けてしまい。中村政人さん、明銀さん、ミル君、一家の元気振りに、ちょっと悪かった体調もどこへやら。政人さんの念願。はなとのサシ話実現する。夢から現実へ内容は様々。人は誰しも総ては見せない。華やかさの裏にはいつも何かがあるのだ。中村政人10月の個展は谷中のSCAI THE BATHHOUSEにて。

 17日に最初の関係者の集まりが、その後、公開自主制作、展覧会へと流れる予定。もちろんHanaも何らかの形で参加。小さな作品もモサキ?として出展させて頂けそうです。その日は、湯島もみじにて一泊させていただく。明けて、日曜日、(左は上から、久しぶりにミルと遊んだ図、政人さん+ミョンミョン、すっかり変わってしまった事務所部分)高円寺のデバインて髪を切る。

-----------------------------
 ■2003年10月7日(火)よりSCAI THE BATHHOUSEにて開催される、「中村政人展_メタユニット」の公開制作期間中のボランティアスタッフを募集。中村政人の5年ぶりの個展「メタユニット」とは、作家曰く「単位を超えようとする単位」のこと。このコンセプトのもと、展覧会場の内と外が一体化するかのような大規模なインスタレーションを構成します。今回、大規模なインスタレーションを制作するので、単なるアシスタントではなく作業と共に作品を制作、展示を行うという一体感のある作業です。中村政人とその作品に興味のある方、作品制作、展示作業を体験してみたい方などなど、是非ご参加下さい!皆さまのご応募をお待ちしております。>>>more infomation

 中村政人展_メタユニット
 masato nakamura_metaunit
公開制作
2003年9月30日(火)-10月5日(日)
展覧会
2003年10月7日(火)-11月1日(土)
SCAI THE BATHHOUSE(03-3821-1144)
-----------------------------


 今日のマサキ from LONDON

 *昨日は、ロジャース事務所のYOSHIさんや、ジョンポーソン事務所のOZAWAさん達に会う。後輩のIKADA君は17日に帰国。本日は、大掃除。さぁ、昨日の続きを。
comments(0)trackbacks(0)
LONDON BY NUMBERS

7.5 million people
200 languages
1,000 beekeepers 
9,476 listed buildings 
28.4 million tourists in 2001
29.7 million tourists in 2002
12% of London's GDP contributed by tourists
30% of London's theatre box-office takings contributed by tourists
8 million visitors a year at museums pre-free admission
13 million visitors a year at museums post-free admission
£7.54 average cost of taxi ride in London
£3.49 average cost of taxi ride in rest of UK
4.5 million man-hours lost per year by tube delays
13,775 lost mobiles
8,348 lost umbrellas
70 square miles of parkland
8 square miles of congestion charge
£54,950 for a car park space in Mayfair
21 weeks wait for a saturday night table at the lvy
46 serving of pie and mash for the cost of set dinner at Nobu
25,000 tonnes of fish a year handled at billingsgate(=ロンドンの魚市場)
24,000 fish reduces when Paddington Basin was drained
200 new flats to be built in Paddington Basin developement
490 new houses built by local authorities in London in 2001
108,700 estimated homeless in London
comments(0)trackbacks(0)
 昨日の夜は眠れないほどの暑さだった。ひょんな切っ掛けで知り合ったAA schoolのYUKIさん&MINAKI君、学部時代の同級生でロンドンでばったり再会した吉田君、+相方で真っ昼間からPUBへ。2〜3時間、ビールと共に楽しむ。

 猛暑の中、セールの残り物探索、セルフリッジへ。パトリックス・コックス、3万円以上するものを7000円でGET。一階のはずれに、日本のデパ地下のような食料品店を発見。その佇まいは同じでも、やはり日本のデパートパワーは凄いということを改めて思う。

 そのままヒースロー空港へ相方の幼なじみヘアードレッサーのNAOKO嬢をお迎えに。著名人を多く抱える赤坂の店に勤める彼女。土産話を種に朝方までもりあがる。
comments(0)trackbacks(0)
 暑いぞ。。暑い。。こんな天気のいい日は... デパートに行くはずだった足は180度回転してハムステッドの公園へと向かう。センターポイントから24番のバスでひとっ飛び、カムデンタウンの先にその公園はあった。もはや公園とは形容しがたい。山一つが自然公園になっているではないか。相方はその昔この公園に迷って、もはやでれまいと覚悟したことがあると語っていたが、その気持ちがわからんではないくらいに広い。

 丘へ上るとロンドンが一望できる。センターポイントからバスで数十分。そんなところにこんな自然と、起伏のある大地に閑静な住宅街が可愛いらしく佇む。新しいロンドンを発見するたびに、この都市はなんちゅー生き物なのかと、よくわからなくなります。

 クラマタシロウの死後、磯崎新が彼に宛てた文章に、ロンドンは街が丸ごと死骸になっていると表現されていた。世界中を練り歩き続けている磯崎氏の言葉が、ここへ来て何となくわかるような気がする。吉村さんの日記サイトを相方と覗く。東大の学生が主催する『tokyo code wars』というイベントに関する記述で、吉村さんの言葉に、二人して「そうだ!そうだ!!」と大きくうなずきながら読み切る。

 東京の複雑さを解らすためにソレをそのまま視覚化する必要はない。複雑さなんて街へ入り込めば一目瞭然である。だから「そのために本なんていらない。」と吉村さんは東大生に言う。この後に続く文章にも大きくうなずいてしまう。吉村さんは数年間、海外にいらしたそうですが、そのことが背景にあることは明らかではないかと... 外で生活してみると、日本や東京というものが非常に客観的に見えてくる。そのギャップを今、ひしひしと感じ始めているだけに、リアルタイムで共感できる言葉に出会いました。以下、吉村さんの日記より一部抜粋。

(前略)それより重要なのは、一見複雑に見えて、その実よくオーガナイズされている点。グラフィックという手段はそのために重大な役割をはたしているのだから、彼らがダイアグラフィックと呼ぶツールを使うならば、なおさらそのことに注目して欲しいところ。ゲストとして呼ばれていた滞在の長い外国人達も、東京はシンプル、東京は便利、と口を揃えていたけれど、そう、世界広しと言えどもこんなに住みよい街はない。そのギャップ、その謎、のほうこそ分析に値するのではないだろうか。そしてそれが、僕が『de-code』をはじめたきっかけでもあるのです。
comments(0)trackbacks(0)