3-01.jpg

vol.3 : 2011.01.08 (sat)14:00〜16:00
『2050年へ向けて、いま取り組んでいること』

■出演者
竹内 昌義
馬場 正尊
マエキタ ミヤコ
山崎 亮

■概要

『新産業と税金の配分』をテーマとして行われた「日本のカタチ」第2回の公開討論会では、会場から「あなたたちがプレゼンするような日本が今後抱えるであろう課題は、もう分かっている。そうではなく、あなたたちはそれに対してどんな取り組みをしているかを発表すべきだ。」という意見をいくつかいただきました。そこで第3回のテーマを「2050年に向けて、いま自分が取り組んでいるプロジェクトについて」としました。これまでの2回の公開討論の中で掘り起こしてきた日本が抱える問題に対して、竹内昌義、馬場正尊、マエキタミヤコ、山崎亮の4人が、それぞれに取り組んでいること、あるいは今後取り組みたいと考えていることをプレゼンテーションします。是非、ご来場いただき自由に討論へご参加下さい。また、下記URLにてUstreamにてネット生中継を行う予定です。

■ネット中継 Ustream URL
http://www.ustream.tv/channel/mosaki-stream

■場所
京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
■所在地
〒107-0061東京都港区北青山1-7-15
JR総武線「信濃町駅」より(改札左折)徒歩約5分、
東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」0番出口より徒歩約8分
http://www.tuad.ac.jp/declaration/accessmap/tokyosatellite/
■参加費
無料
■申し込み
不要

■プロジェクトについて

 『日本のカタチ2050』プロジェクトは、さまざまな分野の4人の専門家が、40年後、2050年の日本のカタチを考える企画です。この企画は、2010年5月のある日、メンバーである竹内昌義、山崎亮らによるtwitter上でのある議論がきっかけで始まりました。(当初の議論が下記リンク先にまとめられています。http://togetter.com/li/18973 )その後、馬場正尊、マエキタミヤコを迎え、また、mosaki(田中元子+大西正紀)がサポーターとして加わり、本プロジェクトは始動しました。

http://www.mosaki.com/nippon2050.html

■メッセージ

2050年というのは、あと40年。そう遠くない未来である。ところが思うように先が見えない。日本は2005年をピークに人口減少に転じ、世界でも例のない少子高齢化社会に突入している。2050年には人口は8000万人と1970年程度の規模になる。
その時、日本はどのような国になっているのだろうか。また、建築やランドスケープといった分野のしごとはどのように変化しているのだろうか。きっと大きく変わっているのだろうが、それがよくわからない。それはきっと、ベースとなる状況がまだ呑み込めていないからだと思う。
このプロジェクトでは、竹内昌義、馬場正尊、マエキタミヤコ、山崎亮の4人が一人ずつホストとなりながら、公開型のトークショーで、それぞれテーマごとに話し合い、40年後の未来はどのような状況になっていくのか、その展望を議論しまとめていきます。

3-02.jpg
comments(3)trackbacks(0)
Post your comment!









Re: this entry
From: ごりえもん Date: 2011/02/14 12:37 PM

りょーくんが教えてくれたサイトやばいwwwwwwwwww
http://lucky.dvxvb.net/n1wy315/

女のコとイチャイチャしただけで、7万もらったよんヽ(*´3`*)ノ
こwのwおw金wでwブルーレイ買ってきまつwwwwwwwwwwww
http://lucky.dvxvb.net/n1wy315/
From: 志波康之 Date: 2011/01/18 6:40 PM

だってねぇ、延々ぶっ続けなんだよ?4時間も。
そりゃ俺も限界来るだろ。ねえ?来るだろ?!
ホ〒ノレ出た時にはもう足月要ガクガクだったわ……
http://03n4ih8.az.kasira-d.net/
From: カドルト Date: 2011/01/12 11:42 AM

竿とバックの同時攻めなんて反則だ押!
耐えられるわけないじゃん!!!
・・・でも、これハマるかもなぁww
http://ucvs6zq.gim.uerock.net/
TrackBackURL
http://blog.mosaki.com/trackback/967779
Tb: this entry