昨年の5月より、ツイッター上でのある議論をきっかけとして、これまでに3回、開催しきた公開型トークイベント「日本のカタチ2050」。メンバーは、竹内昌義さん、山崎亮さん、マエキタミヤコさん、馬場正尊さんの4名で、われわれれモサキは、当日の運営や広報、収録等をサポートしてきた。

http://www.mosaki.com/nippon2050.html

具体的には、日本の人口が半減してしまうと言われる2050年へ向かって、私たちはどのような日本のカタチを描きうるのか。また、そこへ向かうには、どのような問題に立ち向かい、クリアしなくてはならないのか、どのような価値観とアクションが次へと誘うのか。そのようなことを、毎回テーマを設定し、4人がプレゼンを行い、時にはオーディエンスからも言葉をいただきながら、段階的に議論を進めて来た。

因みに、それぞれのテーマは、下記のようなものでした。
第1回:「人口減」
第2回:「新産業と税金の配分」
第3回:「2050年に向けて、いま自分が取り組んでいるプロジェクトについて」

---

そして、今週末、4月16日(土)に最終回となる第4回が行われるのですが、その約1カ月前に、私たちは東日本大震災に見舞われることとなりました。皮肉にも、今回の震災や津波、原発の状況によって、これまで、3回に渡って議論を重ねてきたこと、例えば、環境やエネルギー、新しい暮らし方と価値観、地方と中央、税金の配分、21世紀の産業 etc... 全てが、一気にリアリティを持って、目前に立ちはだかることとなりました。

第3回を終えた昨年末当初は、第4回では、それぞれが考える2050年の姿をよりリアルに描き発表し合おうと計画していたのですが、今回の震災を踏まえ、また、これまで話してきたことと、それぞれの震災経験を通して考えていることを合わせて、プレゼンをし合うのではく、いくつかのテーマを出し合い、当日はぶっ通しで議論し合おうということとなりました。

イベント当日は、馬場正尊さんが司会となり、4人+オーディエンスにも加わっていただきながら、討論が行えればと考えております。ですので、学生の方でも一般の方でも、建築関係の方でも、垣根無く、来場いただき、今後について議論できる場となれば幸いです。“戦後”から“震災後”へ移った、この転換期のはじまりに、少しでも前へと進めるよう、さまざまな問題とアイデア、そして多様な可能性を、皆さんと育めることを期待して。会場でお待ちしております。

------ イベントのお知らせ ------

●『日本のカタチ2050』第4回(最終回)公開トークショー

http://www.mosaki.com/nippon2050.html

日時:2011年4月16日(土)14:00〜16:00
場所:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
所在地:〒107-0061東京都港区北青山1-7-15

アクセス:JR総武線「信濃町駅」より(改札左折)徒歩約5分、
東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」
0番出口より徒歩約8分
地図:http://gakusha.jp/access/index.html

※なお当日はUstreamよりネット中継を行います

http://www.ustream.tv/channel/mosaki-stream

comments(0)trackbacks(0)
Post your comment!









Re: this entry
TrackBackURL
http://blog.mosaki.com/trackback/967781
Tb: this entry